今日の心得 26

2018/06/05

自分にとってはどんなに苦手なタイプの相手でも、神様から見れば、全ての人にはその人にしか担当できない何かの役割があるので、その人を捨てることができない。